本文へスキップ

宮城県松山高等学校は、宮城県で最も規模の小さいアットホームな学校です。

TEL.0229-55-2313

〒987-1304 宮城県大崎市松山千石字松山1−1

 学 校 案 内

校訓

意欲・創造・規律・連帯

校是

至誠・感恩

校章

松山高等学校は松山城址(茂庭館跡)に所在するので茂庭家の重ね剣菱紋の輪郭をとり、 その由緒ある歴史をふまえ、生徒と教師がしっかり手を組んでさらに新たな文化を創造すべき意味をこめている。
又、左右に町木でもある松の葉をあしらい、瑞木、松のごとくたくましく常磐なる発展を象徴している。

校歌

作詞 永野 為武    作曲 片岡 良和

一、             二、
  鳴瀬の流れ 淙淙と      栗駒山は 清冽の
  歴史の響き たゆみなく    雪いただいて 遥かにも
  羽黒の山に 花かおり     高い理想を 仰ぐとき
  松千載の 栄えある      自由の翼 音たてて
  緑の大地 豊かにも      平和の郷に 降り注ぐ
  青春もまた 健康に      自然の啓示 身に受けて
  日々創造の 笛鳴らす     三年に映える 希望の瞳
  ああ奏でよ 松山高校     ああ讃えよ 松山高校
  われらの校章         われらの校章
                (昭和五十五年九月制定)

学校の沿革

         
昭和  7. 3.31志田郡松山町立松山女子専修学校設立認可
   16. 3.31志田郡松山町立松山実科高等女学校設立
   18. 4. 1志田郡松山町立松山高等女学校に移行
   23. 7.12宮城県古川女子高等学校松山分校を松山高女跡に設置
   24. 3.31志田郡松山町立松山高等女学校を廃校
   55. 3.31宮城県古川女子高等学校松山分校を閉校
   55. 4. 1宮城県松山高等学校開設,第1学年定員普通科男女
   55. 4. 1初代校長飯村富也就任
   55. 4. 9宮城県松山高等学校開校式並びに第一回入学式
   55. 9.19宮城県松山高等学校開校記念式典
   55. 9.19宮城県松山高等学校校歌制定
   56. 3. 2宮城県松山高等学校第一回卒業式
   58. 4. 1二代校長高城公彦就任
   60. 4. 1三代校長長尾修二就任
   62. 4. 1四代校長森廣雄就任
平成  元. 4.28運動場に仮設校舎建築
    元. 7.10仮設校舎へ移転
    元. 7.12木造校舎解体
    元. 9.22宮城県松山高等学校創立十周年記念式典
    元.10.18新校舎建築着工(鉄筋コンクリート造3階建,延面積4,900.42u)
    2. 4. 1五代校長安藤忠就任
    2.11.16新校舎竣工
    2.11.20新校舎入校式
    3. 4. 1六代校長菅原壽就任
    3.11.19新体育館建築着工(2階建,延面積2,177.48u)
    4.10. 2新体育館竣工
    4.10. 9新体育館柿落し
    5. 3.18グランド整備完了
    5. 3.29ひょうたん広場完成
    5. 9.17校舎・体育館改築落成記念式典
    6. 4. 1七代校長千坂篤就任
    6. 4. 1家政科定員40名
    7. 4. 1普通科定員86名
    8. 4. 1八代校長佐藤勝二郎就任
    8. 4. 1普通科定員80名
    9. 4. 1新制服制定
    10. 4. 1家政科定員男女40名
    11. 4. 1九代校長及川浩就任
    11. 9.24宮城県松山高等学校創立20周年記念式典
    14. 4. 1十代校長鈴木孝和就任
    16. 4. 1普通科定員40名
    16. 4. 1十一代校長林ア義昭就任
    19. 4. 1十二代校長奥山恒義就任
    21. 4. 1十三代校長伊東玲子就任
    21. 9.18宮城県松山高等学校創立30周年記念式典
    25. 4. 1十四代校長鈴木茂幸就任
    28. 4. 1十五代校長粟野琴絵就任
校 舎
昇 降 口
ひょうたん広場
天 文 台
ドーム内
コモンホール
体 育 館
体 育 館 内
生物・化学室
被 服 室
調 理 室
ピ ア ノ 室
音 楽 室
講 義 室
図 書 室

shop info店舗情報

宮城県松山高等学校

〒987-1304
宮城県
大崎市松山千石字松山1−1
電話  0229-55-2313
fax.  0229-55-2314
chief@matuyama-h.myswan.ne.jp